LINEMOは評判悪い?最大6ヶ月無料のミニプランは本当にお得?

LINEMOは最大6ヶ月もの間、実質無料でスマホを使えるキャンペーンを開催中の格安SIMサービス。

月額990円のミニプランを申し込むと毎月990円分のPayPayポイントがプレゼントされるため、実質0円で利用できるというものです。

運営元のソフトバンクによると、LINEMOのキャンペーンの人気によりこれまでの5倍以上の速さで申し込みが殺到しています

そんなLINEMOは契約したら本当にお得なのか?評判は悪くないか?ミニプランで本当に十分なのか?

利用者の口コミや評判を確認すると安くて通信の安定したコスパの良い格安SIMを探している方におすすめのサービスだと分かりました。

\6ヶ月間の料金が実質無料!/

目次

LINEMO(ラインモ)の特徴

LINEMOはテレビCMでよく流れているため、名前を聞いたことがある人も多いでしょう。

評判を紹介する前にどのような特徴があるのか解説します。

ソフトバンクのサブブランド

LINEMOはソフトバンクのサブブランドです。ソフトバンクが提供する格安料金プランとして、2021年3月17日にサービスの提供が始まりました。

毎月のスマホ料金が安くなるため、格安SIMに分類されることもあります。格安SIMとは3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の回線を借りて運用しているサービスです。

しかしLINEMOは格安SIMではありません。ソフトバンクの自社回線を利用しているからです。

自社回線を利用しているため、格安SIMに比べて通信速度が速い傾向にあります。従来のソフトバンクのスマホより安く使えることも合わせると、使い勝手が良いスマホと言えるでしょう。

LINEギガフリーがお得

LINEMOはLINEギガフリーがお得です。「LINEギガフリー」とは、データ通信量を消費せずLINEが使える機能を指します。LINEをよく利用する人にとっては嬉しい特典です。

LINEギガフリーの元になったのは、LINEMOの前身とも言えるLINEモバイルの「データフリープラン」です。LINEやTwitterなどのSNSをデータフリーで使えるオプションとして評判でした。

LINEモバイルとは

LINEモバイルとは、データフリーオプションが人気の格安SIMです。ただし2021年3月31日でLINEモバイルの新規受付は終了しています。ソフトバンクがLINEモバイルを完全子会社化したからです。

詳細は「LINEモバイルの評判はヤバイ?新規受付が終了した理由を解説」をご覧ください。

料金プランは2つ

LINEMOの料金プランは以下の2つです。

料金プラン ミニプラン スマホプラン
基本料金 990円 2,728円
データ通信量 3GB 20GB
LINEギガフリー 対応 対応

※金額は税込

ソフトバンクに比べると、料金プランがシンプルに設計されています。1か月あたりのスマホ使用頻度に合わせて好きなプランを選べるのがポイントです。

ソフトバンクは強制的にオプションがつくこともあり、料金が高くなりがちです。一方でLINEMOはオプションをつけるかどうか自分で選択できるため、毎月のスマホ代を安く抑えられます

\6ヶ月間の料金が実質無料!/

苦情はある?LINEMOの悪い評判・口コミまとめ

LINEMOに苦情はあるのでしょうか。よく見られた悪い評判や口コミは以下の3つです。

  • 速度が遅いときがある
  • 3GBだと物足りない
  • ソフトバンクからの乗り換えがめんどう

速度が遅いときがある

LINEMOの速度が遅いとの評判がみられました。

LINEモバイルを3年程使って満足してましたが、linemoに変更したら通話もネットも時間帯(夜間)によっては繋がらなくなりました。

引用元:みん評

通信速度が遅いとストレスを感じます。外出先などWi-Fiがない場所でスマホを使う場合、通信速度が遅ければ満足にスマホを使えません

しかしLINEMOはソフトバンク回線を利用しています。3大キャリアの回線を借りてサービスを提供している格安SIMに比べれば、比較的速度が速いと言えるでしょう。

3GBだと物足りない

3GBだと通信量が物足りないという評判も見られました。

LINEMOの料金プランは以下の2つです。3GBか20GBのデータ通信量しか選べません。

  • ミニプラン:3GB
  • スマホプラン:20GB

5GBや10GBなど、データ通信量を選べないのがデメリットと言えます。

LINEMOでデータ通信量が足りなくなったら追加購入しましょう。1GBあたり550円(税込)で購入できます。

ソフトバンクからの乗り換えがめんどう

ソフトバンクからの乗り換えがめんどうとの評判も見られました。

SoftBankの「メリハリ無制限」プランから移行しましたが、実際にはプランの変更ではなく、別キャリアへの申し込みと同様で、移行システムに不具合もあって、スムーズには行きません。

引用元:みん評

LINEMOはソフトバンクのサブブランドですが、手続きはほかのキャリアや格安SIMから乗り換える場合と同じです。

特にめんどうだと感じるのはMNPでしょう。MNPとは電話番号を変更せず別のキャリアに乗り換えることです。ソフトバンクで使っている電話番号そのままでLINEMOへ乗り換えられます。

MNPで注意したいのは、機種代金の残額が残っている場合です。ソフトバンクを解約しても残額があれば、継続して支払う必要があります。

ソフトバンクからLINEMOへ乗り換える際は、事前に注意事項をチェックしておきましょう。注意事項さえ守っていれば、LINEMOに乗り換えて毎月のスマホ代を節約できます。

LINEMOの良い評判・口コミまとめ

LINEMOの良い評判や口コミを紹介します。主に以下5つの良い評判が見られました。

  • 比較的回線が安定している
  • 通信速度が速くなった
  • ミニプランのコスパが良い
  • スマホプランは低速時でも通信速度の低下が気にならない
  • 低価格で20GBも使える

比較的回線が安定している

LINEMOを快適に利用できているという評判が多く見られました。

利用場所は自宅さいたま市、勤務先は都内です。回線は地下鉄でも問題なし。ビルの中でたまに微妙な時もありましまが特に気になる程でもなく快適に利用出来ました。

引用元:みん評

LINEMOはソフトバンク回線を利用。自社で整備している回線なので安定して使えます

回線が安定していれば、地下など繋がりにくい場所でも快適にスマホが使えるでしょう。回線が安定しているのは、格安SIMとの大きな違いです。

通信速度が速くなった

LINEMOに乗り換えたことで通信速度が速くなったという評判です。

回線の安定性と同じく、自社のソフトバンク回線を利用しているため速度が速くなったと考えられます。

格安SIMの場合、3大キャリアから回線を借りている分速度が遅くなりがちです。特に昼時や夜など利用者が多い時間帯は、通信速度が低下しやすくなります。

通信速度が速ければ、ストレスなくスマホを使えます。SNSや動画の閲覧など仕事終わりの楽しみが充実するはずです。

ミニプランのコスパが良い

ミニプランのコスパが良いという評判も見られました。

ミニプランは月額990円(税込)で利用できます。1か月あたりのデータ通信量は3GBですが、Wi-Fi環境があれば十分でしょう。

ソフトバンクのメリハリ無制限は1か月あたり約7,200円。LINEMOの約7か月分です。

圧倒的にスマホ代が安くなるため、LINEMOの良い評判が多くなっています。

スマホプランは低速時でも通信速度の低下が気にならない

スマホプランは低速モードに入っても、通信速度の低下が気にならないという評判も見られました。

1か月あたりのデータ通信量を使い切ると、以下の通り通信速度が制限されます。

  • ミニプラン:300kbps
  • スマホプラン:1Mbps

300kbpsとは1秒間に37.5KBのデータを送受信できる速度です。SNSの閲覧や音楽ストリーミング再生なら問題なくできます。ただしYouTubeなどの動画再生は低画質が限界です。

一方で1Mbpsとは、1秒間に125KBのデータを送受信できる速度を指します。YouTubeなどの動画は標準画質で再生可能です。

スマホプランは速度制限されても1Mbpsの速さなので、比較的サクサクスマホを使えるでしょう。

低価格で20GBも使える

低価格かつ容量が多くて嬉しいという評判です。

低価格なのに月20ギガ使える容量の多さです。休日等に動画をまとめてみることが趣味の私にとって、約3000円で20ギガの容量はとても助かります。

引用元:みん評

月額約2,700円で20GBも使えればコスパが良いと言えます。

YouTubeの標準画質なら、1GBで約2時間視聴できます。毎週土日に3時間視聴してもギガが余る計算です。
(参考:LINEMO公式サイト)

大容量でコスパが良いスマホを使いたいならLINEMOが最適でしょう。

\6ヶ月間の料金が実質無料!/

悪い評判からわかったLINEMOのデメリット

悪い評判からわかったLINEMOのデメリットを解説します。

  • 場所や時間帯にによっては速度が遅い
  • 端末は扱っていない
  • LINEモバイルのデータフリーは使えない
  • 手続きはオンライン限定

乗り換え手続きを始める前にデメリットを確認しておきましょう。あらかじめデメリットを把握しておけば、乗り換えてから後悔することはなくなるはずです。

場所や時間帯にによっては速度が遅い

LINEMOは場所や時間帯によって通信速度が遅くなりがちです。例えば以下が該当します。

  • 昼時や夜間
  • ビルの屋内
  • 山間部

自社回線とはいえ、従来のソフトバンクに比べると遅く感じる場合があるかもしれません。都道府県や市区町村によっても速度が異なる可能性もあります

ただし地下でも繋がりやすいなど、速度に関して良い評判があるのも事実です。自社回線を使っている分、格安SIMでに比べて圧倒的に速度が速いと言えます。

端末は扱っていない

LINEMOでは端末を扱っていません。LINEMOへ乗り換える場合は、今使っているスマホを使い続けることになります

LINEMOへの乗り換えでめんどうなのはSIMの入れ替えでしょう。LINEMOではSIMカードかeSIMを選択します。それぞれの違いは以下の通りです。

  • SIMカード:スマホ本体に差し込む小さなカード
  • eSIM:スマホと一体化しているSIM

今のスマホで使用しているSIMカードもしくはeSIMは、必ず取り替えなければなりません。端末ごと乗り換えられれば、自分で取り替える必要はないのです。

端末を取り扱っていない分、SIMを差し替える手間がかかってしまいます。

LINEモバイルのデータフリーは使えない

LINEモバイルのデータフリーはLINEMOで使えません。オプションでもデータフリーをつけられないことを覚えておきましょう。

特にLINEモバイルからLINEMOへ乗り換えを検討している人は要注意です。データフリーだと勘違いしてTwitterやInstagramを使用すると、データ通信量を超えてしまう可能性があります。

ただしLINEMOでは、LINEギガフリーがついてきます。オプションではなく元から備わっている機能なので、LINEユーザーには嬉しいポイントです。

手続きはオンライン限定

LINEMOの手続きはオンライン限定です。乗り換え手続きはすべて自分で行う必要があります。

ソフトバンクのサブブランドとはいえ、店舗でのサービスは受けられません。オンラインでの手続きに慣れていない人にとっては不便でしょう。

ただし対面での手続きが不要な分、受付の待ち時間などがなくなります。あなたの好きなタイミングで手続きできるため、無駄な時間を消費しないのがメリットです。

乗り換え手続き自体は複雑ではありません。手順通り行えば誰でも簡単に手続きが完了します。
» LINEMOへ乗り換える手順

良い評判からわかったLINEMOのメリット

良い評判からわかったLINEMOのメリットを5つ解説します。

  • スマホ代を安く抑えつつデータ通信量が多い
  • 安定したソフトバンク回線を利用できる
  • LINEでデータ通信量を消費しない
  • eSIMの初期設定が簡単
  • 乗り換えキャンペーンがお得

スマホ代を安く抑えつつデータ通信量が多い

LINEMOは毎月のスマホ代を安く抑えられます。月額約2,700円のスマホプランなら、1か月で20GBもデータ通信可能です。

Wi-Fi環境が整っているなら、月額990円(税込)のミニプランがおすすめです。ギガフリーのLINEをメインに使って友人や家族とやり取りすれば、1か月3GBでも十分でしょう。

格安SIMに引けを取らないほどコスパが良いと言えます。

安定したソフトバンク回線を利用できる

LINEMOは安定したソフトバンク回線を利用できます。自社回線を利用しているため通信速度が遅くなりにくいでしょう。

格安SIMと異なり、昼時や夜間などスマホ利用者が多い時間帯もサクサク使えると評判です。Wi-Fi環境がない場所でも、ストレスフリーでスマホを使えます。

LINEでデータ通信量を消費しない

LINEMOではLINE使用時にデータ通信量を消費しません。1か月のデータ通信量を使い切っている状態でも、LINEなら通信速度が落ちないのがメリットです。

LINEギガフリーの対象機能は以下の通りです。

  • トーク
  • 音声通話
  • ビデオ通話

トークはテキストだけでなく、スタンプや画像、音声メッセージの送受信でもデータ通信量を消費しません。

LINEニュース記事の詳細閲覧やスタンプショップの利用など一部機能は、LINEギガフリーの対象外です。しかし対象外の機能を使わないよう気をつければOK。LINEのメイン機能はデータ通信量を気にせず使えます。
(参考:LINEギガフリーとは|LINEMO)

eSIMの初期設定が簡単

LINEMOはeSIMの初期設定が簡単です。「LINEMO かんたんeSIM開通」アプリを利用すれば、最短5分でeSIMが開通します

基本的にアプリ内の指示に従って進めれば問題ありません。難しい操作は不要です。

アプリを使わずeSIMを設定することもできます。端末をWi-Fiに接続したらeSIMの初期設定を進めましょう。
» eSIMの初期設定方法

乗り換えキャンペーンがお得

LINEMOの6ヶ月無料キャンペーン

LINEMOは新規契約や他社からの乗り換えで6ヶ月間実質無料でミニプランを利用できるキャンペーンを実施しています。

対象プラン ミニプラン
内容 月額990円と同額のPayPayボーナスを付与

楽天モバイルが無料のプランを廃止することを受け、新規ユーザーに手厚いキャンペーンを打ち出しています。

LINEMOに乗り換えるなら今がお得です!

\6ヶ月間の料金が実質無料!/

LINEMOへの乗り換えがおすすめな人の特徴

LINEMOの悪い評判・良い評判を踏まえ、LINEMOへの乗り換えがおすすめな人の特徴を紹介します。以下に1つでも当てはまる人はLINEMOへの乗り換えがおすすめです。

  • 毎月のスマホ代を安くしたい
  • 回線が安定したスマホを使いたい
  • 格安SIMは速度が遅くて使いづらかった
  • データ通信量が多くコスパが良いスマホを探している

LINEMOは月額990円(税込)から使えます。ソフトバンクのメリハリ無制限と比較した場合、7か月分の料金になる計算です。

ソフトバンクの回線を利用しているため、比較的安定して使えます。格安SIMと比べて通信速度が圧倒的に速いのが特徴です。

LINEMOのスマホプランは月額約2,700円で20GB使えます。毎月の料金を安く抑えつつデータ通信量が多いスマホなら、LINEMO一択でしょう。

\6ヶ月間の料金が実質無料!/

LINEMOと格安SIMの速度比較

LINEMOと他社スマホの通信速度をみん速で比較しました(2022年2月時点)。

スマホ 平均ダウンロード速度 平均アップロード速度
LINEMO 54.97Mbps 15.71Mbps
ソフトバンク 89.82Mbps 18.71Mbps
ahamo 119.66Mbps 15.26Mbps
povo 70.15Mbps 12.99Mbps
mineo 44.91Mbps 8.63Mbps
NUROモバイル 40.46Mbps 13.13Mbps
楽天モバイル 16.57Mbps 8.48Mbps

LINEMOはソフトバンクに比べると速度は速くありません。ドコモやauのサブブランドであるahamo・povoと比べてもLINEMOのほうが遅いことがわかります。

ただし格安SIMに比べたら、LINEMOのほうが圧倒的に速度が出ています。ソフトバンクの自社回線を利用しているからです。

格安SIMより通信速度が速く3大キャリアより料金を抑えたいなら、LINEMOが最適です。

\6ヶ月間の料金が実質無料!/

LINEMOへの乗り換え手続き手順

LINEMOへ乗り換える手続きの手順は以下の通りです。手順通りに進めれば、ネットでの手続きが苦手な人も比較的簡単に乗り換えられます。

  1. LINEMOの対応機種かチェック
  2. SIMカードかeSIMを選択
  3. 電話番号を引き継ぐかどうか決定
  4. 本人確認書類を準備
  5. SIMを設定する

①LINEMOの対応機種かチェック

まずは今使っているスマホがLINEMOに対応しているか確認します。LINEMOの動作確認端末をチェックしてください。

LINEMOではスマホ本体の販売を行っていません。今のスマホを使い続けることになるため、対応機種に該当するかどうか必ずチェックしましょう。

ソフトバンクかワイモバイルで購入した端末以外から乗り換える場合、SIMロック解除が必要です。SIMロック解除とはスマホを購入した会社以外のSIMカードを使えるようにする手続きを指します。

キャリア別のSIMロック解除方法は、LINEMO公式サイトをご覧ください。

②SIMカードかeSIMを選択

続いてSIMカードもしくはeSIMを選択しましょう。

eSIMを選びたい人は、今使っているスマホが対応しているか動作確認端末から確認しましょう。

迷ったらeSIMではなくSIMカードを選ぶのが無難です。

③電話番号を引き継ぐかどうか決定

続いて今の電話番号を引き継ぐかどうか決めます。電話番号を引き継ぐ場合は、今使っているスマホ会社からMNP予約番号を取得しましょう。キャリア別のMNP取得手順をご覧ください。

新しい電話番号を発行する場合、MNP予約番号の取得は不要です。

④本人確認書類を準備

本人確認書類は主に以下のものが有効です。いずれか1つ準備しましょう。

  • 運転免許証
  • 国民健康保険証+公共料金領収書などの補助書類
  • マイナンバーカード

LINEMOはネットだけで手続きを行うため、申し込み時に本人確認書類をアップロードします。アップロード方法はLINEMO公式サイトをご覧ください。

⑤SIMを設定する

申し込み完了メールが届くので、大切に保管しておきましょう。

審査に通った場合は、最短当日にSIMカードが発送されます。eSIMを申し込んだ場合は「eSIMプロファイルダウンロードのお知らせ」というメールが届くので確認してください。

審査に通らなかった場合は本人確認書類などに不備があるかもしれません。メールが送られてくるので、正しいものに修正しましょう。

SIMカード・eSIMともに初期設定を行います。SIMカードを申し込んだ場合は回線切替が必要です。

LINEMO公式サイトで紹介している手順を参考に、SIMの設定を進めていきましょう。

LINEMOの評判に関してよくある質問

LINEMOの評判に関してよくある質問と回答をまとめました。気になる疑問は乗り換え手続きを始める前に解決しましょう。

リンクをタップすると読みたい場所にジャンプできます。

LINEMOの店舗はある?

LINEMO専用の店舗はありません。手続きはすべてオンラインで行われます

LINEMOが提供され始めたころは、手続きに関する問い合わせが多かったとのこと。店舗がなくて不便だと感じる評判もあります。

しかしマニュアルの見直しや操作画面の改善により、スムーズに手続きを進められるよう進化しました。
(参考:ソフトバンクニュース)

解約方法を教えて欲しい

LINEMO公式サイトのカスタマーサポートから解約手続きを進められます。選択形式で進められるため、迷わず解約できるはずです。

LINEMOカスタマーサポート

画像出典:カスタマーサポート|LINEMO公式サイト

LINEMOで利用中の電話番号を引き続き利用するなら、MNP予約番号を発行しましょう。

LINEモバイルからLINEMOへ乗り換えたほうがいい?

LINEモバイルから乗り換えを検討しているならLINEMOがおすすめです。LINEギガフリーが使えます

LINEモバイルではデータフリーオプションをつけることで、LINEなどのSNSが使い放題でした。一方でLINEMOは、わざわざオプションをつける必要がありません。

ミニプラン、スマホプランの両方に最初からLINEギガフリーがついてきます。

LINEモバイルと同じような機能を使えるため、LINEMOへの乗り換えがおすすめです。

格安プランでたっぷりデータ通信するならLINEMOがおすすめ

LINEMOはソフトバンクのサブブランドです。スマホの使用頻度に合わせて2つの料金プランから選べます。

料金プラン ミニプラン スマホプラン
基本料金 990円 2,728円
データ通信量 3GB 20GB
LINEギガフリー 対応 対応

※金額は税込

従来のソフトバンクと比較しても、圧倒的に低コストで利用できます。格安SIMと異なり自社回線を利用しているため、比較的回線も安定しているのがメリットです。

Wi-Fiに接続してスマホを使う機会が多いならミニプランがおすすめです。外出先などで頻繁に使う場合、容量が多いスマホプランを選びましょう。

\6ヶ月間の料金が実質無料!/

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる