LINEモバイルの評判はヤバイ?新規受付が終了した理由を解説

LINEモバイルの評判は最悪なのでしょうか。評判が悪いせいでLINEモバイルの新規受付が停止されたと考える人もいるかもしれません。

しかしLINEモバイルには良い評判もあります。ほとんどギガを消費しなくて使いやすいなど、メリットを感じている人が多くいるのです。

実際、サービスの新規受付が終了したのはソフトバンクがLINEモバイル株式会社を子会社化したことがきっかけと見られています。

LINEモバイルの後継サービスとしてLINEMOというサービスが始まったことから、サービス自体には問題ないことが分かります。

この記事では、LINEモバイルの評判を紹介します。新規申し込みができなくなった理由もさらに詳しく解説するので、ぜひ最後までご覧ください。

LINEモバイルとは

LINEなどSNSをデータフリーで使えるのが人気の格安SIMです。3大キャリアすべての回線から乗り換えられるため使い勝手がいい格安SIMでした。しかしソフトバンクがLINEモバイルを完全子会社化したことなどを理由に、2021年3月31日で新規受付が停止されています。

 

目次

LINEモバイルの評判はヤバイ?口コミまとめ

LINEモバイルの評判はヤバイと言われがちです。本当にヤバイかどうか、LINEモバイルの良い評判・悪い評判を以下で見ていきましょう。

  • 数GB消費しても影響しない
  • LINEを使わない人には向いていない
  • 通信速度が遅い
  • キャンペーンがお得

数ギガ消費しても影響しない

LINEモバイルは数ギガ消費しても1ヶ月あたりの通信量にほとんど影響しないという口コミです。

データフリーを活用するので安いです。LINEのメッセや無料通話で数GB消費しても月の通信料に影響しません。SB回線の1GB音声付きで十分です。

引用元:みん評

LINEモバイルの特徴は「データフリー」と呼ばれるオプションです。以下のデータフリーオプションを追加することで、SNSのデータ通信でギガを消費しません

オプション LINEデータフリー SNSデータフリー SNS音楽データフリー
料金 0円 308円 528円

※金額は税込

上記オプションすべてにおいてLINEがデータフリーの対象です。よくLINEを使う人にとっては嬉しいオプションでしょう。

LINEモバイルで電話をかけるには音声通話SIMに申し込む必要があります。「いつでも電話」と呼ばれるアプリを使えば、以下の通り通話料金が半額です。

  • 通常の電話:税込22円/30秒
  • いつでも電話:税込10円/30秒

月々のスマホ代を圧倒的に安く抑えられるのがLINEモバイル最大のメリットです。

LINEを使わない人には向いていない

LINEモバイルはLINEを使わない人には向いていないという評判が見られました。

ラインを頻繁に使う人にとって良いところかもしれないが、自分みたいにラインをあまりしない人にとって安いだけで他にメリットがない。

引用元:みん評

LINEモバイルの料金プランはすべてLINEのデータフリーに対応しています。しかしLINEを使わない人にとってはメリットがありません

LINEだけでなく、TwitterなどのSNSを使わない人にもLINEモバイルは向いていないと言えます。LINEモバイルの醍醐味は特定のSNSをデータフリーで使える点です。

LINEモバイルはあくまでLINEユーザーに特化した格安SIMと言えるでしょう。

格安SIMとは

3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)よりスマホ代が圧倒的に安くなるサービスです。3大キャリアの回線を借りてサービスを提供しているため、人件費や設備費を大幅にカットできます。余計なコストを削減できる分、スマホ代が安くなるのです。

通信速度が遅い

LINEモバイルの評判で多かったのは「通信速度が遅い」です。

docomo回線を利用しているのに電波が届いていないことが多い。電車に乗ってたらLINE届かないとかざらにある。

引用元:みん評

特に昼時や夕方に通信が繋がりにくくなるという口コミが多く見られました。ドコモ回線の場合も速度が遅いという評判があります。

LINEモバイルは5G回線に対応していません。IIJmioやmineoなど5G回線に対応している格安SIMに比べると、通信速度が遅いと言えます。

しかしLINEモバイルは格安SIMなので、通信速度が遅くなるのは仕方ないと言えます。LINEモバイルだけでなくBIGLOBEモバイルなど、ほとんどの格安SIMでは5G回線に非対応です(2022年2月時点)。

LINEモバイルに限らず、混雑時はたいていの格安SIMで通信速度が遅くなるもの。Wi-Fiに接続するなどの工夫が必要です。

キャンペーンがお得

LINEモバイルはキャンペーンがお得です。

2022年2月時点では、1ヶ月あたりの通信量が500MB以下なら基本料金が無料になるキャンペーンが行われています。毎月のスマホ代がほぼゼロになるため、節約の面でも嬉しいポイントです。
» LINEモバイルのキャンペーン

できるだけWi-Fiに接続してスマホを使えば、月々の通信量を500MB以下に抑えられるでしょう。

LINEモバイルはヤバイ・最悪と言われる理由

LINEモバイルがヤバイ・評判が最悪だと言われやすい理由は以下の通りです。

  • カスタマーサービスの対応が悪い
  • 危険性があると勘違いしている
  • サービスがなくなった

カスタマーサービスの対応が悪い

カスタマーサービスの対応が悪いという口コミが多く見られました。サポート対応の悪さからLINEモバイルは最悪と感じるのでしょう。

電話でのカスタマーセンターの態度が悪くてびっくりしました。女性の方だったのですが、冷たい対応で、こんなカスタマーセンター初めてです。

引用元:みん評

カスタマーセンターの対応が悪い。聞いても求めている答えではないことをぐだぐだとされる。LINEで行える自動返信のものはほぼ役に立たないと思っていいです。

引用元:みん評

カスタマーサービスの対応が悪いのは仕方ない面もあります。サポート機能を社外に外注している可能性があるからです。外注先はLINEモバイルの細かいサービス内容まで完ぺきに理解するのは難しいでしょう。

カスタマーサービスの対応が良くないからとはいえ、LINEモバイル全体の価値が下がるわけではありません。LINEなどのSNSをよく使う人にとっては、使いやすい格安SIMです。

危険性があると勘違いしている

LINEモバイルに危険性があると勘違いしているケースがあります。通信速度が遅いなどデメリットが目立つことから、危険性があるサービスだと考えてしまうのでしょう。

LINEモバイル自体に危険性はありません。出どころのわからない危険なサイトにアクセスしないなど注意すれば、安全に使えます。

ただしLINEモバイルを取り扱っている店舗はほとんどないのがデメリットです。ネットが繋がらないなど問題が発生した場合、対面でサポートを受けられないでしょう。

サービスの新規受付が終了した

LINEモバイルの新規受付が終了したためヤバイと感じるケースがあります。サービスに大きな問題や不具合が生じたせいで終了したと考える人は少なくありません。

ただしLINEモバイルのサービスは、2022年2月時点でも使い続けられています。サービスが完全になくなったわけではありません。

また、新規受付が終了したのには理由があります。続けて詳しく見ていきましょう。

LINEモバイルの新規受付が終了したのはなぜ?

LINEモバイルの新規受付が終了した理由を2つ解説します。

  • ソフトバンクがLINEを子会社化
  • LINEMO(ラインモ)の登場

LINEモバイルのサービスが終了したのは評判が悪すぎるからと考えている人もいるでしょう。しかし実際には、ソフトバンクとの関係性や新サービスの影響が大きいようです。

ソフトバンクがLINEモバイル株式会社を子会社化

2021年3月30日、ソフトバンクはLINEモバイル株式会社を完全子会社化したと発表しました。完全子会社化により、LINEモバイルはソフトバンクが提供しています。LINEモバイルのサービス自体は使い続けられるということです。

2021年10月21日には、LINEモバイル株式会社を吸収合併したと発表しています。LINE株式会社とソフトバンクグループ傘下のZホールディングス株式会社における経営統合の一環です。

完全子会社化や経営統合により、ソフトバンクがLINEをベースにしたサービス提供を始めています。代表的なサービスが、ソフトバンクのサブブランドである「LINEMO(ラインモ)」です。

LINEMO(ラインモ)の登場

2021年3月17日、ソフトバンクはLINEMO(ラインモ)の提供を始めました。従来のソフトバンクのスマホより料金が安くなります。

LINEMOの料金プランは以下の通りです。

ミニプラン スマホプラン
基本料金 990円 2,728円
データ通信量 3GB 20GB
LINEギガフリー 対応 対応

※金額は税込

スマホ代が安くなるとはいえ格安SIMとは別物です。格安SIMはスマホ代が安くなる分、通信回線が遅くなりがち。自社で整備した回線ではないからです。

一方でLINEMOは、ソフトバンクの回線を使用しています。自社の回線を使っているため、快適に通信できるのが特徴です。

スマホ代を安く抑えつつサクサクネットを利用できるのがLINEMOの良いところ。LINEモバイルから乗り換える人が増えています。

LINEモバイルのメリット

LINEモバイルのメリットを3つ紹介します。

  • 3大キャリアの回線すべてに対応
  • データフリーで通信量を消費しない
  • 余った通信量を繰り越せる

LINEモバイルは通信量に無駄がありません。余計なギガを消費しなかったり余ったギガを繰り越せたりするのが大きなメリットです。

3大キャリアの回線すべてに対応

LINEモバイルは3大キャリアの回線すべてに対応しています。ドコモ・au・ソフトバンクのいずれかから乗り換えた場合でも、快適にスマホを使えるということです。

3大キャリアの全回線に対応している格安SIMはほとんどありません。ドコモ回線のみ対応など制約があるものです。

ドコモもしくはau回線を利用している場合、ソフトバンク回線へ変更できます。回線変更手数料は無料です。

ソフトバンク回線はほかの2つに比べて通信速度が速いという評判が見られました。ドコモ・au回線を利用している人は回線の変更を検討してみるといいでしょう。

ただしソフトバンク回線からドコモ・au回線への変更はできないのでご注意ください。

データフリーで通信量を消費しない

LINEモバイル最大の特徴は、LINEなどのSNSをデータフリーで利用できることです。データフリーなので通信量を消費しません。

以下3つのオプション別に、データフリーになるSNSが異なります。

LINEデータフリー SNSデータフリー SNS音楽データフリー
料金 0円 308円 528円
データフリーSNS LINEのみ LINE
Twitter
Facebook
LINE
Twitter
Facebook
Instagram
LINE MUSIC
Spotify
AWA

※金額は税込

SNSをよく利用する人にとって、データフリーは嬉しいオプションでしょう。Wi-Fiがない環境でも通信量を気にせずSNSを使えます。

余った通信量を繰り越せる

LINEモバイルは余った通信量を繰り越せます。通信量をほとんど使わない月があってもギガを無駄にしません

通信量の繰り越しには「回線変更前の通信量は繰り越せない」などの条件があります。データプレゼントで受け取った通信量も繰り越すことはできません。

データ通信量が繰り越されたかどうかは、LINEモバイルのマイページから確認できます。「データ残量」のうち青色の部分が前月から繰り越されたデータ通信量です。

LINEモバイルの評判

下にスクロールすると「前月からの繰り越し分」としてギガ数が記載されています。

LINEモバイルの評判

LINEモバイルのデメリット

LINEモバイルのデメリットを3つ紹介します。

  • 5Gに対応していない
  • 通信速度の切り替えができない
  • 料金プランが物足りない

他の格安SIMに比べると、通信速度や料金プランの面で物足りなさを感じるでしょう。特にギガ使い放題プランがないのは、LINEモバイルの大きなデメリットと言えます。

5Gに対応していない

LINEモバイルは5G回線に対応していません。4G回線では通信速度が遅く感じるでしょう。

一方で格安SIMの中には5G回線に対応しているものがあります。例えば以下の通りです。

  • IIJmio
  • mineo

上記以外では以下のブランドが5G回線に対応しています。

  • Y!mobile
  • ahamo
  • UQモバイル
  • LINEMO
  • 楽天モバイル

ソフトバンクのサブブランドであるLINEMOは5G回線対応です。LINEモバイルの通信速度が遅くストレスを感じている人は、LINEMOへの乗り換えを検討してみても良さそうです。

通信速度の切り替えができない

LINEモバイルでは通信速度の切り替えができません。スマホを使わないときは通信量を節約するなどの工夫ができないのです。

例えば楽天モバイルの場合「データ高速モード」をOFFに切り替えると、パートナー回線でのデータ通信量が消費されません。パートナー回線とは、楽天回線のエリア外でスマホを使うときに接続される回線です。パートナー回線では1ヶ月あたり5GBまでと通信量が決められています。

アプリを使わなくても少量のデータ通信量は消費されるもの。通信速度の切り替えができないと、貴重なギガが消費されてしまいます。

料金プランが物足りない

LINEモバイルの料金プランに物足りなさを感じる場合もあるでしょう。通信量無制限のプランがないからです。

LINEモバイルの料金プランは以下の通りです。

音声通話SIM データSIM
2GB 1,210円 660円
5GB 1,628円 1,078円
10GB 2,420円 1,870円
30GB 3,520円 2,970円

※金額は税込

ハイビジョン画質の720pで1時間動画を再生すると、約1GB消費します。30GBのプランを契約しても、1ヶ月あたり約30時間しか動画を再生できません。よく動画を視聴する人にとってはギガが少ないと言えます。
(参考:LINEMO)

外出先などWi-Fi環境がない場所でスマホを使う人も、データ消費量が気になるでしょう。1ヶ月あたりのデータ通信量を使い切ってしまえば、取引先との電話やメールのやり取りに支障をきたす可能性があります。

ただしソフトバンク回線を利用すれば、料金は変わらずデータ通信量が2倍になるキャンペーンが行われています。
» LINEモバイルのキャンペーン

LINEモバイルユーザーはLINEMOに乗り換えるべき?

LINEモバイルユーザーはいますぐLINEMOに乗り換えるべきなのでしょうか。LINEモバイルユーザー向けに、今後の展望を解説します。

サービスは継続利用できる

LINEモバイルの新規受付は2021年3月31日で終了しました。ただし2021年4月以降はソフトバンクが引き継いでいるため、継続して使い続けられます。

しかしLINEMOの普及などに伴い、LINEモバイル自体が終了する可能性もゼロではありません。ドコモやau回線に切り替えられないなど、ソフトバンク回線の利用を促すような動きが見られます。

LINEモバイルでソフトバンク回線を使うなら、LINEMOに乗り換えたほうが快適にスマホを使えると言っても過言ではありません。

乗り換えるならLINEMOがおすすめ

LINEモバイルから乗り換えるならLINEMOがおすすめです。通信速度が速いソフトバンク回線を利用できます

LINEMOの料金プランは以下の2つ。LINEモバイルに比べてシンプルかつお得なのが特徴です。

ミニプラン スマホプラン
基本料金 990円 2,728円
データ通信量 3GB 20GB
LINEギガフリー 対応 対応

※金額は税込

LINEモバイルの音声通話SIMは1ヶ月あたりのデータ通信量が10GB。月額料金は2,420円(税込)です。一方でLINEMOのスマホプランなら、1ヶ月あたり20GBのデータを2,728円(税込)で利用できます。

料金はほぼ変わらないものの、データ通信量は2倍に増えます。スマホ料金を安く抑えつつ、たっぷりデータ通信量を使いたい人に最適なプランです。

LINEモバイルより通信速度にこだわりたい、月々のスマホ代を安く抑えたい人は、LINEMOへの乗り換えを検討してみてください。

\今まで通りLINEギガフリーが使える/

LINEモバイルのキャンペーン

2022年2月時点で「ダブル&ゼロキャンペーン」が実施されています。まずはダブルキャンペーンの詳細から見ていきましょう。

データ容量ダブルキャンペーン
内容 月額基本料金そのままでデータ通信量が2倍にアップ
期間 終了日未定
対象 ソフトバンク回線利用者限定

ソフトバンク回線利用者限定でデータ通信量が2倍にアップします。月額料金は現在のまま変わりません。

例えば音声通話SIM30GBを契約している場合、1ヶ月あたり3,250円(税込)で60GBまで利用できます。Wi-Fi環境がない場所でも比較的安心してスマホを使えるでしょう。

ただしドコモ・au回線利用者はデータ容量ダブルキャンペーンの対象外です。月額料金そのままでデータ通信量を増やしたいなら、ソフトバンク回線へ変更しましょう。回線変更手続きはLINEモバイルのマイページから行えます。

続いてゼロキャンペーンの詳細です。

500MB以下でゼロキャンペーン
内容 1ヶ月のデータ通信量が500MB以下なら月額基本料金無料
期間 ソフトバンク回線:終了日未定
ドコモ・au回線:2022年3月利用分まで
対象 データフリー対象外のデータ通信量

1ヶ月あたりのデータ利用量が500MB以下なら、月額基本料金が無料になるキャンペーンも行われています。ドコモ・au・ソフトバンクすべての回線利用者が対象です。

キャンペーン期間は、ドコモ・au回線なら2022年3月までです。一方でソフトバンク回線利用者は、キャンペーン終了日が決まっていません。データ容量ダブルキャンペーンとあわせて、ソフトバンク回線に変更したほうがお得と言えます。

LINEモバイルの評判に関してよくある質問

LINEモバイルの評判に関してよくある質問と回答をまとめました。気になる疑問はできるだけ早めに解消しましょう。

リンクをタップすると、気になる疑問をすぐに解決できます。

LINEモバイルに危険性はある?

LINEモバイルに危険性はありません。ただしスマホを使ううえで注意しなければならないことがいくつかあります。具体的には以下の通りです。

  • フィッシングサイトへの誘導
  • 個人情報の盗み見
  • ワンクリック詐欺

怪しいサイトは閲覧しない、身に覚えのないメールやSMSは無視するなど、基本的な対策を心がけましょう。

LINEモバイルユーザーは今後どうなる?

LINEモバイルは今後も継続利用できます。少なくともキャンペーン期間中LINEモバイルを使い続けたほうがお得でしょう。

しかしいつLINEモバイルのサービスが終了するかわかリません。「明日から使えなくなる」など急なサービス停止は考えにくいものの、サービス終了に向けて乗り換えの準備をしておいたほうがいいでしょう。

2021年4月以降にプラン変更した場合はデータ増量される?

2021年4月以降に新プランへ変更した場合もデータ通信量は増量されます。データ増量のタイミングはプラン変更が適用された月です。

かつては「コミュニケーションフリープラン」などが提供されていました。しかし2021年4月利用分から、新たに「ベーシックプラン」が登場。旧プランより月々のデータ通信量が増量されています。

LINEモバイルリリース当初から利用している場合、プランは古いままです。データ通信量を増やしたいならベーシックプランへの変更を検討しましょう。

料金プランの変更手続きはLINEモバイルのマイページから行えます。

LINEモバイルとLINEMOの違いを知りたい

LINEモバイルは格安SIMです。3大キャリアに比べて月々のスマホ代を圧倒的に安く抑えられます。

ただしスマホ利用者が多い昼時や夕方は通信速度が遅くなりがちです。特にドコモ回線は速度が遅いという評判が多く見られます。

一方でLINEMOはソフトバンクのサブブランドです。契約手続きがオンラインだけで完結するなど、時代の変化に合わせています。

ソフトバンク回線を利用しているため、LINEモバイルより通信速度は圧倒的に速くなるでしょう。

LINEモバイルの店舗はまだ利用できる?

LINEモバイルの店舗はほとんど利用できない可能性があります。LINEモバイル公式サイトの店舗ページが閉鎖されているからです。

かつての店舗ページ:https://mobile.line.me/shop/

ネットに繋がらないなど問題が発生した場合は、LINEモバイルのよくある質問をご覧ください。

LINEモバイルからLINEMOへ乗り換えを検討するのもあり

LINEモバイルの評判はヤバイと言われがちですが、以下の理由で満足している人がたくさんいます。

  • スマホ代が安くなる
  • データフリーでギガの消費を気にしなくていい
  • キャンペーンがお得

2021年3月31日でLINEモバイルの新規受付は終了しました。しかしサービス自体は終了していないので今後も使い続けられます

しかしソフトバンクのサブブランドであるLINEMOの登場により、LINEモバイルはいつ終了してもおかしくないと言えるでしょう。

LINEモバイルから乗り換えるならLINEMOがおすすめです。LINEをデータフリーで使えるだけでなく、LINEモバイルより通信速度アップが期待できます

LINEモバイルと同じ感覚でスマホを使うならLINEMOに乗り換えましょう。

\今まで通りLINEギガフリーが使える/

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる