楽天モバイルからワイモバイル乗り換え手順!メリット・デメリットや乗り換えキャンペーンも紹介

「楽天モバイルからワイモバイルに乗り換えたい」と考えている方も多いのではないでしょうか?

楽天モバイルのデータプランは、無制限のデータプランや無料音声通話がメリットですが、ワイモバイルの家族割りやPayPayポイント還元も非常に魅力的です。

この記事では、楽天モバイルから楽天モバイルに乗り換えるメリットやデメリット・具体的な乗り換えの手順を解説します。

また、乗り換えにおすすめのタイミングやよくある質問も紹介しているので、楽天モバイルからワイモバイルへの乗り換えを考えている方は参考にしてみてください。

\最大10,000円のキャッシュバック開催中!/

目次

楽天モバイルからワイモバイルに乗り換える5つのメリット

楽天モバイルからワイモバイルに乗り換える5つのメリットは、以下の通りです。

楽天モバイルからワイモバイルに乗り換えるメリット
  • 大人数で回線を契約するほどお得になる
  • ワイモバイルの方が対応エリアが広い
  • 海外でのローミング通信にも対応している
  • PayPayポイントが驚くほどたまる
  • ソフトバンクのサポート体制が利用できる

「楽天モバイルからワイモバイルに乗り換える、具体的なメリットは何だろう?」と考えている方は、参考にしてみてください。

1.大人数で回線を契約するほどお得になる

楽天モバイルからワイモバイルに乗り換える大きなメリットの一つは、2回線目以降の回線に、データ料金の割引が適用される点です。

出典:楽天モバイル公式ホームページ「料金プラン」

出典:ワイモバイル公式ホームページ「料金プラン」

ワイモバイルと楽天モバイルの基本的な料金プランを比較すると、楽天モバイルの方が全体的にコスパがいいことがわかります。

ただし、ワイモバイルには「家族割引サービス」があり、これを利用すると2回目以降のデータ料金が楽天モバイルよりも割安になるのです。

具体的には、データ通信を無制限に使いたい方は、楽天モバイルのデータプランを利用すべきです。

その一方で、月のデータ使用料が30GB未満の方は、ワイモバイルの家族割引サービスを利用した方がコスパよくデータプランを利用できます。

2.ワイモバイルの方が対応エリアが広い

ワイモバイルは大手通信キャリアのソフトバンク回線を使えるので、対応エリアが広く、より安定的なデータ通信が可能です。

2022年3月の時点で楽天モバイルの対応エリアは人口の約97%をカバーしていますが、対応エリアの広さと通信の安定性という面では、ワイモバイルの方が評判が高いです。

具体的な対応エリアについては、楽天モバイルの「通信・エリア」、ワイモバイルの「対応エリア」から確認するようにしましょう。

3.海外でのローミング通信にも対応している

ワイモバイルに乗り換えるメリットは、ワイモバイルのSIMカードをそのまま海外で使える点です。事前申し込みが必要ですが、データ容量によって定額を支払うことで、海外のSIMカードを購入せずに、ワイモバイルのSIMカードで国際ローミング通信ができます。

ちなみに、事前申し込み不要で国際電話・SMSも利用可能です。

海外に出張することが多い方や海外旅行に行く予定がある方は、ワイモバイルの海外対応SIMカードは魅力的だといえるでしょう。

4.PayPayポイントが驚くほどたまる

ワイモバイルに乗り換えると、PayPayポイントが還元されるキャンペーンを豊富に利用できます。具体的には、以下のようなキャンペーンを利用可能です。

出典:ワイモバイル公式ホームページ「料金プラン」

  • 通常時に最大で16.5%のPayPayポイントの還元
  • 期間限定のPayPayキャンペーンをよりお得に利用できる

ワイモバイルユーザーは、通常時のデータプランやPayPayのお支払いで、最大16.5%のポイント還元を受けられます。

また、不定期で開催されているPayPayのキャンペーンでも、ワイモバイルユーザーはキャッシュバックや割引が適用されることが多いです。

PayPayを日常的に使う方は、PayPayポイント還元のメリットを感じられるでしょう。

5.困った時のサポート体制が充実している

ワイモバイルは、全国に約2,600店舗も展開している通信キャリアです。

データ通信に関して何か困ったことがあれば、オンライン上だけでなく、実店舗でもサポートを受けられる点が大きなメリットです。

楽天モバイルはオンライン上だけのサポート体制になっているので、対面でサポートを受けたいと考えている方にとっては、不安な点があるかもしれません。

全国規模での充実の対面サポートとオンラインサポートを受けたいという方は、ワイモバイルへの乗り換えも検討してみてはいかがでしょうか?

\最大10,000円のキャッシュバック開催中!/

楽天モバイルからワイモバイルに乗り換える3つのデメリット

楽天モバイルからワイモバイルに乗り換えるデメリットは、以下の3つです。

楽天モバイルからワイモバイルに乗り換えるデメリット
  • データ無制限プランは利用できない
  • 通話料金がかかる
  • 楽天SPUポイントキャンペーンが利用できなくなる

楽天モバイルからワイモバイルに乗り換える具体的なデメリットを知って、乗り換えを考える際の判断材料にしましょう。

1.データ無制限プランは利用できない

楽天モバイルはデータ無制限のプランが利用できますが、ワイモバイルは最大で30GBのデータプランしか利用できません。

具体的には、以下の画像にあるような料金体系となっています。

出典:楽天モバイル公式ホームページ「料金プラン」

出典:ワイモバイル公式ホームページ「料金」

ワイモバイルには「家族割引サービス」がありますが、月に30GB以上のデータ容量を使用する場合は、ワイモバイルのデータプランでは足りません。

月に30GB以上のデータ容量を使う方は、ワイモバイルに乗り換えるとデメリットを強く感じてしまう可能性が高いです。

2.通話料金がかかる

ワイモバイルは、30秒につき22円の基本通話料金がかかります。ちなみに、かけ放題を使いたい場合は、以下のようなオプションが使えます。

  • 10分間かけ放題の「だれとでも定額」:月額770円
  • 誰とでも時間無制限でかけ放題の「スーパーだれとでも定額」:月額1,870円

無料で音声通話を利用できる楽天モバイルと比較すると、通話料金がかかってしまうのがデメリットです。

3.楽天SPUポイントキャンペーンが利用できなくなる

楽天モバイルからワイモバイルに乗り換えると、最大16倍の楽天SPUポイントアップキャンペーンを利用できなくなります。

もちろん、PayPayポイント還元のメリットは大きいです。

しかし、楽天のサービスをよく使う方にとっては、楽天のポイントアップキャンペーンが利用できなくなるのはデメリットだといえるでしょう。

楽天モバイルからワイモバイルに乗り換える5つの手順

楽天モバイルからワイモバイルに乗り換える際は、以下の5つの手段をおさえておく必要があります。

楽天モバイルからワイモバイルに乗り換える手順
  1. ワイモバイルに対応している機種かどうか確認
  2. MNP予約番号を取得する
  3. 店頭かオンライン上でSIMカードを申請する
  4. ワイモバイルで回線の切り替え手続きをする
  5. 端末別にAPN手続きをする

楽天モバイルからワイモバイルに乗り換える際の手順をおさえて、実際に乗り換える際の参考にしてみてください。

1.ワイモバイルに対応している機種かどうか確認

まずはワイモバイルの公式サイトで対応しているスマホ機種を確認しましょう。

出典:ワイモバイル公式サイト「SIM動作確認機種一覧」

ワイモバイルのサービスに対応しているスマホであれば、そのまま乗り換えの手続きに進みます。

対応していないスマホの場合は、SIMカードが使えるか不明なので、できるだけ対応確認済みの機種の買い替えを検討しましょう。

2.MNP予約番号を取得する

楽天が店頭でサポートしていないので、my 楽天モバイルにログインして、オンライン上でMNP予約番号を取得する必要があります。

「契約プラン」から「各種手続き」、「他社への乗り換え(MNP予約番号取得)」の順番でMNP予約番号を取得します。

ちなみに、楽天モバイルのスマホはすべてSIMロックがかかっていないので、SIMロック解除の手続きをする必要はありません。

3.店頭かオンライン上でSIMカードを申請する

ワイモバイルに乗り換えるには、以下の2通りの方法があります。

  1. ワイモバイルの店舗でSIMカードを申請
  2. オンライン上でSIMカードを申請

それぞれの方法で、どのようにSIMカードを申請するのかみていきましょう。

【店頭でSIMカードを申請する場合】

  1. 本人確認書類やクレジットカード番号・銀行口座番号を控える
  2. ワイモバイルの店舗に出向いて、SIMカードを申請する
  3. その日の内にデータ通信が使えるようになる

【オンライン上でSIMカードを申請する場合】

  1. ワイモバイルのオンラインストアのページを開く
  2. 希望するプランやオプション(購入したい機種)を選択
  3. 個人情報を入力して、本人確認書類をアップロードする

SIMカードの申請に必要な本人確認書類は以下の通りです。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • マイナンバーカード
  • 健康保険証(補助資料)
  • パスポート(補助資料)
  • 住民基本台帳カード
  • 療育手帳
  • 身体障がい者手帳
  • 精神障がい者手帳
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

    基本的に、上記資料のうちの1点を提出することになります。ただし、補助資料は例外的に本人確認書類を2点提出することになるので注意しましょう。

    4.ワイモバイルで回線の切り替え手続きをする

    SIMカードが自宅に届いたら、店頭・電話・オンラインの3つの選択肢の中から1つ選んで、MNP転入の手続きをしなければなりません

    店頭で手続きする場合は、ワイモバイルの店舗、もしくはワイモバイルが入っている家電量販店などで指示に従って手続きします。

    電話の場合は、回線切り替え専用の電話番号「0800-100-1847」に電話をかけます。また、サービス対応時間は10時〜19時です。

    オンラインでの手続きの場合は、携帯番号・Web受注番号・4桁の暗証番号を準備して、ワイモバイルオンラインの「専用ページ」で申し込みます。

    5.端末別にAPN手続きをする

    ワイモバイルに対応しているiPhoneやAndroid端末は、自動的にAPNが設定されるパターンがほとんどですが、自分で設定しなければならないケースもあります。

    【iPhoneの場合】

    1. 「設定」から「モバイル通信」を開く
    2. モバイルデータ通信をONにする
    3. 「キャリア設定を使用する」を選択

    【Androidの場合】

    1. 「設定」から「ネットワークとインターネット」
    2. 「詳細設定」からアクセスポイント名を設定していく
    3. 画面右上の「+」マークをタップする
    4. 好きな名前を入力して、APN名を「spmode.ne.jp」と入力する
    5. 設定を保存して、アクセスポイント一覧で設定したAPNを選択する

    APNを設定して、ワイモバイルのデータ通信を問題なく使用していきましょう。

    楽天モバイルからワイモバイルに乗り換えるのは月末がお得

    楽天モバイルからワイモバイルに乗り換えるなら、月末がおすすめです。

    楽天モバイルはいつ解約してもデータ料金は同じです。ただし、ワイモバイルのデータ料金は日割り計算となっています。

    そのため、乗り換え後の利用日数が少ない月末が、お得に乗り換えをするためのベストタイミングです。

    \最大10,000円のキャッシュバック開催中!/

    楽天モバイルからワイモバイルへの乗り換えで利用できるキャンペーン

    楽天モバイルからワイモバイルの乗り換えで利用できるキャンペーンは、主に以下の3種類です。

    乗り換えで利用できるキャンペーン
    • PayPayポイント10,000円分プレゼントキャンペーン
    • 夏のPayPay祭りキャンペーン
    • LINE MISIC 6か月無料キャンペーン

    それぞれのキャンペーン内容と適用条件をおさえて、よりお得に乗り換えましょう。

    PayPayポイント10,000円分プレゼントキャンペーン

    出典:ワイモバイル公式ホームページ「キャンペーンページ」

    項目 詳細
    キャンペーン内容 他社からの乗り換え:M/Lプラン10,000円分ポイント

    Sプラン3,000円分ポイント

    新規契約:M/Lプラン6,000円分ポイント

    適用条件 「キャンペーンページ」から対象プランを契約し、翌月の10日までに開通手続きを完了する
    受け取り方 ①ワイモバイルのデータ通信の初期設定を済ませる

    ②PayPayアプリの登録・連携手続きをする

    ③PayPayギフトカード番号を入力してポイントゲット

    (ギフトカード番号は開通手続きの2ヶ月後の月末に配布)

    キャンペーン期間 2022年7月1日〜終了日未定

    夏のPayPay祭りキャンペーン

    出典:ソフトバンク公式ホームページ「スマホ・携帯電話」

    項目 詳細
    キャンペーン内容
    • ペイペイクーポンの利用で最大50%ポイントバック
    • PayPayモールでのお買い物で最大30%のポイントバック
    適用条件 キャンペーン期間中にPayPay加盟店やサービスを利用する
    受け取り方 PayPayのアカウントにポイントが付与される
    キャンペーン期間 2022年7月1日〜8月31日

    LINE MUSIC 6か月無料キャンペーン

    出典:ワイモバイル公式ホームページ「キャンペーン・おすすめ情報」

    項目 詳細
    キャンペーン内容 LINE MUSICの月額利用料が6ヶ月無料
    適用条件 ①LINE MUSICの一般プラン(月額980円)、もしくは学生プラン(月額480円)にお申し込み

    ②ワイモバイルの「まとめて支払い」を利用

    受け取り方 サービスに加入してから6ヶ月間無料で使える
    キャンペーン期間 2021年11月17日〜終了日未定

    楽天モバイルからワイモバイルに乗り換える際によくある質問

    楽天モバイルからワイモバイルに乗り換える際に、よくある質問は以下の通りです。

    よくある質問
    • 乗り換え時に手数料はかかるの?
    • 乗り換えをすべき人の特徴は?
    • 本体代の支払いが残っている場合はどうなるの?

    楽天モバイルからワイモバイルに移行する際の疑問や不安を払拭して、不安や心配ごとなく乗り換えを行っていきましょう。

    乗り換え時に手数料はかかるの?

    楽天モバイルからワイモバイルへの乗り換え手数料は、基本的に無料です。

    楽天モバイルは回線開通から1ヶ月目以降の解約であれば、違約金を支払う必要はありません。

    また、ワイモバイルはオンライン上での契約手数料は無料です。ただし、店頭で開通する場合のみ、契約事務手数料が3,300円かかることは覚えておきましょう。

    乗り換えをすべき人の特徴は?

    家族割引サービスがあるので、家族で複数の回線を開通する予定のある方で、月に30GB未満のデータ容量しか使わない方にワイモバイルはおすすめです。

    また、楽天モバイルのサービス提供エリア外で生活されている方も、ワイモバイルに乗り換えるのがいいでしょう。

    本体代の支払いが残っている場合はどうなるの?

    楽天モバイルからワイモバイルに乗り換える際に、楽天モバイルの本体代金の支払いが残っている場合には、支払いを完済する必要があります。

    まとめ:楽天モバイルからワイモバイルに乗り換えるメリット・デメリットを考慮して、取るべき行動を考えていこう!

    この記事では、楽天モバイルからワイモバイルに乗り換えるメリットやデメリット・乗り換えるための手順について解説しました。

    また、気になるキャンペーン情報や他のユーザーが疑問に感じている点についても、一つひとつ理解できたと思います。

    楽天モバイルは大容量データ通信と無料音声通話を使いたい方向けです。その一方で、月に30GB未満のデータ容量で音声通話をあまり使わない方は、ワイモバイルに乗り換えることをおすすめします。

    ワイモバイルの各種キャンペーンを活用しながら、さらにお得にデータプランを利用していきましょう。

    \最大10,000円のキャッシュバック開催中!/

    よかったらシェアしてね!
    目次
    閉じる