楽天モバイルの対応エリアはどこ?特徴と端末別の確認方法を解説

楽天モバイルは、利用者数を大幅に伸ばしている携帯キャリアです。2022年の楽天グループの決算会で公表されたデータによれば、利用者は550万人を突破しています。

世間からの注目度が高い携帯キャリアである、楽天モバイルの利用を検討している方も多いのではないでしょうか?

この記事では、楽天モバイルを契約する際に気になる対応エリアについて解説。回線がつながらない場合の対処法とお得なキャンペーンについても紹介します。

楽天モバイルの契約を検討している方は、スマホ回線選びの参考にしてみてください。

\容量無制限で月々たった3,000円!/

目次

楽天モバイルの対応エリアの特徴

楽天モバイルの対応エリアには、以下の特徴があります。

楽天モバイルの対応エリアの特徴
  • 利用者の拡大に伴うエリア拡大に注目が集まっている
  • auのパートナー回線に接続されることも
  • 対応エリア内でもつながらないケースがある

この章では、楽天モバイルのこれらの特徴について解説します。

利用者の拡大に伴うエリア拡大に注目が集まっている

冒頭でも触れたように、楽天モバイルは利用者人口が急速に増加している携帯キャリアです。利用者の増加に伴い、4Gネットワークは、全人口の約96%をカバーしています。

出典:ケータイWatch「楽天モバイルの契約数、MNO/MVNO合わせて550万件に

このように、利用者の増加によって対応エリアが急速に広がった楽天モバイルは、今後も対応エリアが拡大することが予想されています。

また、5G回線は全国的に使用できるエリアが限られていますが、近年の利用者の増加によってさらにエリアが拡大していく可能性もあるでしょう。

auのパートナー回線に接続されることも

楽天モバイルを契約する前に知っておいて欲しい点は、楽天モバイルの回線では、auのパートナー回線に接続されるケースがあることです。対応エリアが増えた楽天モバイルですが、まだまだ携帯回線の基地局が少ない感は否めません。

そのため、楽天モバイルの基地局外でインターネット回線を使う場合は、auの回線を借りることになります。楽天モバイルに契約していて、auの回線につながるエリアもあるという点は、知らない方も多いのではないでしょうか?

ただし、au回線を使用する方が周りに多い地域では、パートナー回線の速度が遅くなってしまう可能性もあります。自分が楽天モバイルの対応エリア内に住んでいるのかを確認して、できるだけ高速通信の楽天モバイルの回線に接続していきましょう。

対応エリア内でもつながらないケースがある

楽天モバイルの対応エリア内でも、なかなかインターネット回線につながらないケースもあります。

マンションの高層階や地下・キャンプ場などでは、インターネットが使用できない可能性もあるでしょう。楽天モバイルが公表している対応エリアマップでエリア内に入っていても、場所次第ではインターネットに接続できないケースもあるのです。

楽天モバイルの対応エリアはどこ?

楽天モバイルの対応エリアは、具体的にどの範囲まで適用されているのでしょうか?楽天モバイルの対応エリアは、以下の3点にまとめられます。

楽天モバイルの対応エリア
  • 日本全国47都道府県に対応エリアがある
  • 具体的なエリアは公式サイトで確認できる
  • 地方ではパートナー回線になることも

楽天モバイルの対応エリアについて知って、実際に契約するかどうかを判断しましょう。

日本全国47都道府県に対応エリアがある

楽天モバイルの対応エリアは、利用者の急増によって、基地局の増設計画を前倒しした経緯があります。また、基地局が増えたことで、日本にいる全人口の96%をフォローする全国規模の回線となりました。

47都道府県に対応エリアがあるので、後述する対応エリアの確認方法をチェックして、あなたの生活圏で問題なくインターネットが使えるかどうかを見てみましょう。

具体的なエリアは公式サイトで確認できる

楽天モバイルの公式サイトを見てみると、現時点での対応エリアがマップで確認できます。試しに東京近郊を調べてみると、以下のような結果となりました。

出典:楽天モバイル「通信・エリア

ピンクが対応エリア、紫が拡大予定エリア、オレンジ色がauのパートナー回線エリアです。

大都市圏では楽天モバイル回線、田舎の地域ではパートナー回線を活用している場合が多く、対応エリアが徐々に拡大しつつあるのが見て取れます。

地方ではパートナー回線になることも

前述した通り、楽天モバイルの対応エリア内でも、auのパートナー回線になることもあります。パートナー回線でもインターネットは使えますが、回線速度が遅くなってしまうこともあるので注意したいところです。

とくに関東・関西の大都市圏以外の市区町村では、パートナー回線だったり、対応エリアがどうか判断しにくかったりする場合もあります。都市圏で生活されていない場合は、最新の対応エリアをよくチェックするようにしましょう。

自分が対応エリアにいるのか確認する方法

今、自分が住んでいるエリアが、対応エリアかどうかを調べたい方もいるでしょう。そこでこの章では、AndroidとiPhoneの場合に分けて、自分が対応エリア内にいるかどうかを確認する方法を紹介します。

加えて、「My 楽天モバイル」に登録している方向けに、回線を確認する方法についてもみていきましょう。

Androidの場合

Androidを使用している方は、設定から「無線とネットワーク」を選択します。そして、「その他」から「モバイルネットワーク」、「通信業者」を選択すると、利用可能なネットワークが表示されます。

そこで、画面上に「44011」か「Rakuten」の文字が見つかれば、楽天モバイルの回線に接続しているということです。ただし、Androidは機種によって微妙に確認方法が異なるので、あくまでも確認方法の一例として考えておいてください。

iPhoneの場合

iPhoneの場合も手順はほぼ同じで、「設定」から「モバイル通信」、「ネットワーク選択」の自動接続設定を解除したら回線名が表示されるという流れです。

画面上に「44011」か「Rakuten」の文字が見つかれば、同じく楽天モバイルの回線に接続していることになります。

My 楽天モバイルに登録している場合

My 楽天モバイルを活用することで、すぐに自分が使っている回線を判別できます。具体的な方法は以下の通りです。

【Android】

  • My 楽天モバイルにログインすれば、電話番号の上に回線名が表示される

【iPhone】

  1. My 楽天モバイルにログインして、「*3001#12345#*」に電話をかける
  2. 「LTE」の「Serving cell info」から、「freq_band_ind」の番号を確認する
  3. 番号が「3」なら楽天モバイル、「18」ならauのパートナー回線

このように、端末によって確認方法に差があります。とくにiPhoneの場合は、設定から接続回線を探した方が手間が少ないです。

楽天モバイルの対応エリアにつ繋がらない場合の5つの対処法

楽天モバイルが対応エリアに繋がらない場合には、以下の対処法が考えられます。

楽天モバイルの対応エリアにつながらない場合の対処法
  • 接続業者を手動で入力する
  • 機内モードをON/OFFする
  • モバイル通信を再起動してみる
  • スマホの電源を入れ直す
  • 楽天モバイルに問い合わせてみる

これらの方法を試してみて、スマホの回線トラブルをなくしましょう。最終手段として、楽天モバイルへの問い合わせ方法も紹介します。

接続業者を手動で入力する

楽天モバイルの接続業者の設定が解除された場合は、設定から楽天モバイルの回線を選択すれば、再接続できるでしょう。

繰り返しになりますが、楽天モバイルの回線かどうかは「44011」、もしくは「Rakuten」という回線名で判断できます。

機内モードをON/OFFする

楽天モバイルの回線に接続できない時は、機内モード設定になっている可能性もあります。画面右上に飛行機のアイコンが表示されていると、機内モードになっている合図です。機内モードを設定から解除してみましょう。

接続が不安定になっている際も、機内モードをON/OFFしてみることで、回線への接続状況が改善する可能性があります。状況に応じて、機内モードの機能を使ってみましょう。

モバイル通信を再起動してみる

楽天モバイルに接続できないのは、モバイルデータ通信がOFFになっている可能性もあります。とくにSIMカードを他社から楽天に入れ替えたタイミング、海外旅行から帰ってきたタイミングで、モバイルデータ通信をOFFにしてしまうことが多いです。

設定からモバイルデータ通信をONにして、回線の再接続を試みてみましょう。

スマホの電源を入れ直す

スマホの電源を入れ直すことも、回線接続を試みる手段として有効です。何度か電源を入れ直して、それでも回線状況が改善しない場合は、楽天モバイルに問い合わせるようにしてください。

楽天モバイルに問い合わせてみる

楽天モバイルの回線状況が改善しないなら、実際に問い合わせてみるのが最終手段です。具体的には、以下の2つの解決方法が挙げられます。

楽天モバイルの回線状況が改善しない場合の解決策
  • 「よくある質問」で解決する
  • My 楽天モバイルでチャットする

楽天モバイルには「よくある質問」のページがあり、各種のプランや乗り換え・移行についての情報など、さまざまな情報が網羅されています。

出典:楽天モバイル「お客様サポート

時間帯に関係なく回線についての情報が掲載されているので、最も利用しやすい問題解決方法でしょう。検索すれば、質問に対する答えが検索結果に表示されます。

また、My 楽天モバイルのアプリ上に表示されているチャットマークをタップすると、オペレーターから返信が来ます。

返信が来たら、インターネット回線が不安定であることを相談してみましょう。オペレーターが勤務している時間は、9時から23時までとなっています。

楽天モバイルで利用できるお得な3つのキャンペーン

楽天モバイルでは、以下の3つのお得なキャンペーンを利用できます。

楽天もばいるで利用できるお得なキャンペーン
  1. iPhone乗り換えキャンペーン
  2. 楽天ポイント6倍キャンペーン
  3. 他社から乗り換えポイントキャンペーン

この章では、これらのお得なキャンペーンについて詳しくみていきましょう。

1.iPhone乗り換えキャンペーン

出典:iPhone乗り換えキャンペーン

楽天モバイルでは、「UN-LIMIT VI」にはじめて申し込まれる方限定で、iPhone乗り換え30,000ポイントキャンペーンを実施しています。

分割払いで最新のiPhone13/13proを使用できることに加え、楽天ポイントが30,000円分も付与されるので、楽天サービスを利用する方にとっては魅力的です。

2.楽天ポイント最大16倍キャンペーン

楽天サービスを利用している方にとって、さらに魅力的なキャンペーンが、楽天ポイント16倍キャンペーンです。

「UN-LIMIT VⅡ」への乗り換えやプラン移行で適用され、他のサービス利用と合わせると、最大で16倍のポイントアップが適用されます。

3.Android乗り換えキャンペーン

出典:楽天モバイル「Android乗り換えキャンペーン

他社から「UN-LIMIT VI」への乗り換えで、Android端末代金が最大で20,000円お得になり、ポイントも最大で5,000ポイントもらえるキャンペーンです。

ちなみに、楽天HandやXperia・OPPOのスマホが対象になっている場合が多くなっています。

\容量無制限で月々たった3,000円!/

まとめ:楽天モバイルの対応エリアに入っているか確認して、快適なインターネット回線を利用しよう!

この記事では、楽天モバイルの対応エリアの特徴や回線の確認方法、つながらない場合の対処法について解説しました。

楽天モバイルは、近年の利用者の急増によって、対応エリアが全国規模になった携帯キャリアです。ただし、基地局が大手携帯キャリアと比較すると少なく、auのサポート回線を借りている地域も見受けられます。

自分が使用している回線の接続状況が気になったら、スマホの機能やMy 楽天モバイルから回線業者を確認しましょう。回線につながらない場合は、楽天モバイルに問い合わせるのが最終手段です。

楽天モバイルを利用する際は、対応エリアに入っているかを確認して、快適なインターネット回線環境を目指しましょう。

\容量無制限で月々たった3,000円!/

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる